宇宙開発ニュース
コ   ラ   ム
宇 宙 リ ン ク
--未完成--

 

 

コ ラ ム

 

●キューブサット衛星群開発ベンチャーPlanet LabのCEOインタビュー

●宇宙ステーション商業化に向けた法整備プロセス
ゴールディン長官時代に激動した宇宙ステーション商業化を追った。

●「自立型コニュニティ」プロトタイプの研究開発
宇宙開発の成果として、インフラに依存しない自律型社会構築を提案

●米国の地震観測体制
米国の地震体制をまとめたもの。新しい地震観測体制を報告する

●月面開発:資源の利用方法
月の土壌からガラス生産を検討した報告書

●火星居住のリアリティ
火星居住の実現性について

●地震の予測について
先進国で唯一地震大国の日本が、地震とどう取り組むべきか

●欧州宇宙政策
2007年発表の欧州宇宙政策 英語日本語版(Space-Libraryより

●米国家宇宙政策
2006年発表の米国家宇宙政策 英語日本語版(Space-Libraryより

●中国の宇宙航空事業
中国の宇宙航空事業政策

●宇宙ステーション科学研究、縮小に直面
宇宙ステーションの現状

米国が“IT後進国”になる!?
“国家CIO”のリーダーシップで最悪のシナリオを回避せよ

純民間版宇宙開発をリードする億万長者たち
億万長者が引っ張る米国民間企業宇宙ビジネスのプレイヤ達

NASAの新宇宙ミッションシナリオ
月面基地建設や火星探査に向けたNASA宇宙計画の概要

宇宙探査と民間事業
NASAグリフィン長官のコメント

SpaceX、SSTLの株を取得:真の宇宙産業の先駆けとなるか
宇宙小規模企業投資の展望について

未来の英国軍事宇宙政策
英国の宇宙政策や宇宙ベンチャー企業の役割について現状報告

宇宙ステーション、政治政略に翻弄
IISSの開発の歴史の中で政争の道具にされてきたプログラムを、原点にもどってその意義を問い直している。

宇宙ステーションの商業化:ボーイングの場合
(古い記事ではあるが、ISSの主契約企業のボーイング社、ISS責任者にインタビューしたものである。民間企業としてISSへの商業化取り組みなどについて語る。)

寄稿:「宇宙旅行の展望」
(The Prospects for Passenger Space Travel)
宇宙旅行を経済学の専門家の視点から、今後の展望を分析し、提言を行う。

インタビューNASAゴールディン長官
退任がささやかれているNASAゴールディン長官の在任9年間について、信念と問題点等を語る。本音の部分が見え隠れする。

NASA、有人探査プログラムと宇宙商業化
最近NASAの有人プログラムが発行したCAN(共同研究公募)について、その背景、目的等をまとめた記事である。

衛星産業の統合化
ウォールストリートの記者が宇宙産業の統合化のトレンドとその背景を分析

寄稿:随筆「宇宙生物学」
宇宙生物学者を目指す筆者が、米国における宇宙生物学分野の最新情報を報告しました。筆者の了解のもと、ここの掲載します。

中国宇宙政策「白書」
2000年11月に発表された中国の今後の宇宙政策の基本となる「白書」の翻訳及び原文である。商業宇宙を積極的に進める方針は、特筆すべき点であろう。

宇宙建築家:宇宙における我々の未来を設計
宇宙ステーション等の宇宙大規模構造物のコンセプト作りには、建築家、インダストリアルデザイナ等が関わりながら設計が行われた。将来の宇宙開発像の実現に彼らの専門性が期待されてきている。

ステーションの維持
米国宇宙フロンティア協会会長。民間で宇宙開発を推進しようとする団体で、若干、政府に対して批判的な立場を常に取っている。宇宙商業化の急先鋒と言える人物が国際宇宙ステーションの商業利用化について述べる。

ミールコープ社 社長ジェフリー・マンバー氏インタビュー
ロシアミール宇宙ステーションを商業利用するために設立したミールーコープ社の社長が、設立の動機、今後の展望について語る。

官僚組織を動機付ける

中国航空宇宙科学技術の開発と国際協力

日本の宇宙開発の過去と未来 黒田泰弘

月に定住する他の理由

NASA予算の縮小は別段新しいことではない

NASAの商業化の現状と展望  Daniel C. Tam

宇宙への道を切り開く

火星に日本人一番乗りを! 河島 信樹

商業化と民営化

コックス報告書

宇宙ステーション商業利用

 

 

   Copyright (C) 2006 SpaceRef. All Rights Reserved